よかったぁ〜

ミニ講座Bエピソード、C上手な自己主張 終了






 皆さまのご要望により、1月から再開したミニ講座第1シリーズ。3月17日にはシリーズB「エピソードってなぁに?」が行われ、スタッフを含め11名の方が参加されました。
 アドラー心理学を学ぶ上で欠かすことのできない「エピソード」。一般に使われるエピソードという言葉の使い方とアドラー心理学の「エピソード」はどう違うのか、エピソードがなぜそんなに大事なのか、「レポート」とは何か、エピソードとレポートの違いは何か等々…、具体的なエピソードを交えて丁寧にお話しました。
 もう何度目かのお話ですが、久しぶりにこのお話を聴かれた方から、レポートとエピソードの違いを改めて勉強できました、とうれしい感想をいただきました。
又、参加された方から出していただいた事例を、講座で学んだ手順でロールプレイにしましたが、ロールプレイで再現してみると、最初に聴いた時には分からなかったこと、見えなかったことが見えてきました。
 事例を出して下さった方も、みなさんからの様々な角度の見方やご意見をいただき、その出来事について、もう一度改めて別の方向から見てみよう、考えてみようと思われたようです。ロールプレイの持つ力を再認識させられました。



<参加された方の感想を、いくつかご紹介します>

◇今回で3回目のエピソードでした。エピソードとレポートの違いを改めて勉強し直せました。また、ロールプレイをエピソードとして行う中で、「子育ての心理面の目標」につながるのだなと思いました。ありがとうございました。

◇エピソード、ロールプレイをまじえ、皆さんと学び、とても参考になりました。実際にロールプレイを介すると、分かる、見えることがあると思いました。ありがとうございました。

◇エピソードからロールプレイへと、現場の様子がくっきりと浮かんでくるのが気持ちよかったです。

◇19才の息子とのエピソードを聞いてもらいました。ロールプレイをすると、ムカムカしている私とびっくりした息子!! 私の伝えたいことが息子には伝わっていなかったです、やっぱり。出来事に対して、話を聞いてみようと思いました。

◇ロールプレイをしてみて、気付きを得ることができました。早速、実践してみたいと思います。

◇話を聞くこと、掘り下げること、表面のみでなく、背景を探る。どういう質問を投げかけたらいいか、具体的に言葉を使っていくことが習慣になればいいなと思いました。相手に感情移入しつつ、冷静な視点が持ちたいと思いました。楽しく勉強させていただきました。いろんな意見を聞くことができました。ありがとうございました。他者貢献できるでしょうか。

◇ロールプレイをやってみて(みせていただいて)みなさんと話すことで、いろいろなことがわかりました。機会があれば、エピソードを出してみたいです。






 
4月21日にはミニ講座C「上手な自己主張」が行われ、スタッフを含め10名の方が参加されました。

「上手な自己主張」とは、相手を理解する、相手と話し合う、相手と協力することで協力して問題を解決していけるよい人間関係に向かうための技術。

 普段の生活の中で、人にものを頼んだり意見を言ったりすることがあると思います。そんな時、アドラー心理学がおすすめするのは「主張的な自己主張」のやり方です。
 要求の仕方には「主張的」「非主張的」「攻撃的」「復讐的」の4つの種類がありますが、実際の生活では多くの場合、攻撃的だったり、復讐的だったり、あるいは非主張的になって、頼むことをあきらめたりしているのではないかと思います。参加された皆さんからも、つい攻撃的になってしまうとか、非主張的になってしまうことが多いです、などの声がきかれました。

 講座では、「主張的な自己主張」をするためにはどのようにしたらよいのか、その『コツ』を簡単な架空事例を使ってわかりやすくご紹介しましたが、これを機会に主張的な自己主張にチャレンジします、と言って下さる方もいらっしゃいました。



<参加された方の感想を、いくつかご紹介します>


◇本日は有難うございました。「上手な自己主張」ですが、つい要求を通したいがために、攻撃的な自己主張をしてしまいがちです。特に、要求が通らないかな?という場合は…でも、上手く主張的な自己主張で話を進めることができたら… ウィン ウィンになるのかな? と思い、もう少し勉強しなきゃと思いました。

◇「上手な自己主張」を改めて勉強させて頂き、ヨコの関係が大前提である事を再認識できました。加えてロールプレイから、相手との関係づくりにおいて、自分の感情をコントロールする上で、これは「税金」であるという考え方を学ぶことができました。ありがとうございました。

◇初めて参加させていただき、事例も出させていただきました。ありがとうございました。相手を傷つけずに、相手の行動に影響を与えるような要求をすることは本当に難しいと思いますが、自分自身が横の関係にたってお願いすることが大切だと実感することができました。お願いすることによって、引き受けるべき責任もあることを勉強させていただきました。

◇私自身はオール オア ナッシングな性格で、今迄とても生きるのが『不便』でした。年齢を重ねて少しずつ色々な事を受け入れられるようになってきましたが、それに伴って、とても自分が消耗しているように感じていました。今日はとても気持ちが楽になりました。ありがとうございました。

◇参加させていただき、本当に良かった、と思いました。上手な自己主張の話はもとより、後半行ったロールプレイの中で、事例提供者さんの今できることにフォーカスし、[−4]の感情を税金として引き受けるということにたどり着いたこと。その中でできること(「ありがとう」を伝える)で、相手を勇気づけしているんだということが、特に学びになりました。ありがとうございました。






 5月のミニ講座は、第1シリーズの最後D「目標の一致」です。普段の生活の中で、お互いに協力し合って暮らすにはどのようにしたらよいか、その手順についてお話します。どうぞ、みなさま、ご参加ください。


新潟でパセージを開催します

 新潟市でパセージを2コース開催します。1つは5月13日(日)から開催する集中コースで、一日2章ずつ進み、4回で終了します。時間は午前10時から午後4時まで(昼食休憩1時間をはさみます)、会場はやぎもと小児科です。
 もう1つは、5月23日(水)から始まるコースで、こちらは毎回1章ずつ進み、8回で終了します。時間は午前10時から午後12時半、会場はかわちクリニックです。
 初めての受講はもちろんのこと、再受講、以前に受講して欠席した章のある方の補講(補講の場合は無料です)、もう一度受けてみたい章だけの単発参加も大歓迎です。
ご案内を希望される方は、事務局までご連絡下さい。


第2回 甲信越地方会が開催されます

 6月30日、7月1日に新潟市のメイワサンピアで、第2回 日本アドラー心理学会甲信越地方会が開催されます。
今回の地方会では、前号でお知らせしたように、当会の中哲朗さんと服部宗和が、演題発表をします。
 中さんの演題は「加茂エンカレッジの会で気づいたこと 〜ミニ講座にだけ約6年間参加した私〜」です。エンカレッジの会に入会された経緯から、ミニ講座に参加し続けられて、家庭や職場でご自身がどう変わられたか、何を思われたのか等々、お話していただきます。
 服部宗和は「精神科臨床における勇気づけ 〜小冊子『愛されたい病』の活用〜」と題し、普段の診療の中で患者さんへの「勇気づけ」をどのようにしているのか、小冊子「愛されたい病」を作るに至った経緯、その活用について等々、お話します。
 6月の定例会では、お二人が地方会で発表するお話を、予演会としてみなさまに聴いていただこうと思っています。どうぞみなさま、ご参加いただき、お話を聴いてお二人を応援していただければ幸いです。
 また、今回の地方会では、6月30日に公開ワークショップの「アドレリアンサイコドラマ」が行われます。講師はおなじみの中島弘徳先生と、新潟では初めてお招きする武内みちよさんです。新潟ではなかなか見ることのできない、本格的なサイコドラマです。この機会に体験してみられてはいかがでしょうか。
 公開ワークショップは、日本アドラー心理学会員以外の方でも、どなたでも参加できます。また学生さんには学割料金でご参加いただけますので、どうぞ、みなさまご参加ください。
 今回は地方会を開催するに当たり演題を募集したところ、複数の応募があり、地方会としては珍しく、午後のプログラムが演題発表とシンポジウムの二本立てになるなど、盛りだくさんな内容になっています。
 地方会は日本アドラー心理学会の行事ですので、参加するには日本アドラー心理学会の会員になる必要がありますが、まだ会員になっておられない方でも、当日の入会も可能です。これを機会に、日本アドラー心理学会の会員になって下さることは大歓迎です。
 甲信越地方会の参加をご希望の方はお申込み下さい。■ここをクリックしてください。
 みなさまのご参加をお待ちしております。