よかったぁ〜

ミニ講座第1シリーズ、終了しました。






 昨年11月18日、ミニ講座第1シリーズC「上手な自己主張」が行われ、スタッフを含め13名の方が参加されました。
 『上手な自己主張』は、相手と協力して問題を解決していけるよい人間関係に向かうための技術です。上手な自己主張をするためのコツは何か…。ついやってしまいがちな攻撃的な自己主張と、アドラーがお勧めする主張的な自己主張を比較しながら、丁寧に説明しました。
 日常の生活の中で、私たちは様々な場面で頼んだり頼まれたりしますが、どのようにしたら「上手な自己主張」ができ、お互い協力していけるのか、簡単なロールプレイを通してみなさんに見ていただきました。
   お話のあと、輪になって感想を言っていただきましたが、自分は普段、非主張的になっていることが多いな、とか、妻にはうまくできるが、子どもにはうまくできないな、と言う方、その逆の方もいらっしゃいました。
 また、実際に頼みごとをしてみたという事例を出していただき、どんなふうにお願いしたのか聞いてみましたが、おひとりの方は、お父さんにあるお願いをしてみたけれど、なんだかうまくいかず、気になっているということでした。みんなで色々聞いていくうちに、お父さんから細かいところが聞けていなかったのではないか、ということが見えてきて、みんなで考える事の大切さを痛感しました。



<参加された方の感想を、いくつかご紹介します>

◇「上手な自己主張」を改めて聞けて、自分の考えを話せて皆さんのお話を聞けてとても楽しかったです。上手な自己主張の根底に、“仲間である”こと、“能力がある”ことがある、と再認識できました。何度もこの講座を受けることで、再発見があるのがとても楽しいです。今日もありがとうございました。

◇上手に自己主張する前に、やるべきことがある(相手を理解する努力してる?)ことを再認識しました。

◇私は自己主張を引っ込めることで、意見を通したり責任をのがれようとするくせが大いにあるなあ…と改めて思いました。これでは相手への貢献から遠ざかる行動ですね。自己主張することも勇気づけの一つだと勉強になりました。

◇「上手な自己主張のやり方」って、今までの自分はいつも上から目線で人に物を言って、従ってくれるのがあたり前と思っていたのが、すごく対等の立場になっていないことに気が付きました。物の言い方一つで人間関係がうまくいくんですね。

◇相手と平等な関係になるのは、大変難しい事だと思いました。わからないことだらけでした。少しずつ学んでいきたいと思います。どのようにしたら学習できるのか知りたいです。

◇上手な自己主張、初めて聞いたような気がしました。以前もこのお話があったという事ですが、ノートを見返すとありませんでした。タイトルとお話の内容があまりにも違うのでびっくりしました。ただ、日常生活にて、とても重要な事だと思いました。上手な自己主張、これをマスターすれば家族円満間違いなしです。






 12月16日には、ミニ講座第1シリーズD「目標の一致」に、スタッフを含め10名の方が参加されました。
ミニ講座第1シリーズは、『勇気づけ』という大きな流れに沿って作られています。@「勇気づけ」、A「話を聴く」、B「エピソードってなぁに?」、C「上手な自己主張」、と学んできて、最終回D「目標の一致」では、話し合い、協力できるようになることをめざします。
 「困ったできごと」がやってきた時、お互いに協力できるところを探すにはどうしたらよいか、小3のえりこちゃんの事例をもとに、その手順についてお話しました。 えりこちゃんが、「ホントにやな奴なんだ、あいつは!!」とプンプンしながら学校から帰ってきます。参加された皆さんにも、お母さんの立場になってえりこちゃんのセリフを聞いていただきました。聞かれた皆さんの感想は「怒っているな」と思ったとか、 「何があったんだろう?」とざわざわしたなど、様々でした。
まず感情に気付くこと、次に課題を分け、話を聴き、聴いた上でもう一度課題を分け、共同の課題を作って目標の一致を図る…。その手順を、事例に沿って一つひとつ丁寧に学びました。
 今回、ミニ講座に初めて参加したという方や「目標の一致」は初めてです、という方がいらっしゃいました。初めての方にとっては、お話の中に出てきた『課題の分離』という考え方がちょっと難しかったようです。
 アドラー心理学で使う『課題』と、一般で使う「課題」という言葉の使い方の違いについて、事例を使って丁寧にお話し、又、参加されたみなさまからも事例を出していただいて、それが誰の課題かと、みんなで考えたりしました。  初めての方にはもちろんのこと、久しぶりに「課題の分離」という言葉を聞かれた方も、改めて学び、考える良い機会になったのではないかと思います。



<参加された方の感想を、いくつかご紹介します>

◇「援助するための課題の分離」を忘れてはいけないと思いました。 これは私の課題、あれはあなたの課題、私、もう知らない!! 関係ないわ! となるクセがあるので。 勇気づけるため、というのを念頭におくことを忘れずに頑張ります。

◇「目標の一致」のお話を聞いて、改めて相手と自分の課題を勉強できました。このテーマから“勇気づけ”、“話を聴く”まで話が発展し、すべてのテーマがつながっていることも再認識できました。ありがとうございました。

◇課題の分離で「親の課題」がわかったようなわからないような…。勉強を続けていきます。

◇自分の感情に気付き(相手の)話を聴き、積極的に援助する。今回のお話を聞(聴)いて、自分は全く出来ていない事に気付かされました。課題の分離を、何気なく出来る様になる迄、相当、時間がかかりそうですが、非常に重要な事なので、少しずつでもクリアしていきたいと思いました。

◇子どもに対して、自分の考えをおしつけてきたことを反省しました。また、自分のエピソードについて、みなさんに考えていただいたことで、課題(相手と自分)がよくわかりました。信頼関係をつくることは難しいことだと思いました。家族についてよく考えてみたいと思います。





 ミニ講座第1シリーズを終わるにあたり、今後、どのようなことを希望されているか、11月の定例会で参加された皆さんにお聞きしてみました。
語る私たちにとっては、もう何度もお話した講座ですが、最近入会された方の中には「“勇気づけ”って何?」「私は能力があるって??」という方もいらっしゃいます。 学び始めたばかりの方、シリーズの途中から参加された方、聴き逃した回がある方などから、第1シリーズを最初から聴きたい、と言う声が上がりました。又、もう何度か聞かれた方からも、聴くたびに違う見方ができるのでまた聴きたい、と言っていただきましたので、1月から再び第1シリーズをお話させていただくことと致します。
 まだお聴きになってない方、聴き逃した回のある方、どうぞ、この機会に足をお運びください。