よかったぁ〜

ミニ講座第1シリーズが、また始まりました。






 皆様のご要望もあり、4月から再び始まったミニ講座第1シリーズ。4月15日に行われた@「勇気づけ」には、スタッフを含め12名の方が参加され、山田泰子と服部千春のコンビで、「勇気づけ」についてお話しました。
勇気がくじかれた状態とはどんなものか、勇気づけられた状態とは、等々、山田さんご自身の体験されたことを例にお話されたので、聴いている方も分かりやすかったのではないかと思います。
加茂では「勇気づけ」の講座はもう何度か行っていますが、今回の参加者の半分位の方がこのお話を聴くのは初めてということで、熱心に聴いて下さいました。
講座後のシェアリングで、今回初めて聴かれたという方が「“自分の感情に気づく”ということが印象に残りました」、と思いがけない感想を言って下さったり、もう何度も聴いて下さっている方が、「ありがとう」「助かったよ」という言葉が自分のものになりそうです、と言って下さり、ありがたいなと思うとともに、語る側も心して語らねば、と思いを新たにしました。



<参加された方の感想を、いくつかご紹介します>

◇勇気づけの魔法の言葉「ありがとう」を、忘れずに言っていきたいと思いました。自分にゆとりがなくなるとつい、「ありがとう」が出なくなるので、気を付けたいです。このミニ講座では、それに気付くきっかけになっています。ありがとうございました。 ◇家族と平和で楽しく暮らしていけるヒントをたくさんいただき、ありがとうございました。私が一人でもんもんと考えて抱えこまないで、家族と相談して、シェアできるといいなぁと思いました。早速、帰ったら家族会議まではいかなくても、話し合いをしたいと思います。

◇今日は皆様の前で話をさせてもらえてうれしかったです。「私の目的は何だろう?」「相手の目的は何だろう?」と、面白がって考えてみようと思いました。(まずは1ヶ月、妹を勇気づけられるよう、楽しみながら話をきこうと思います。)

◇今回で「勇気づけ」は3〜4回目でしたが、改めて、理解出来た事、やり続けていたことを再確認出来ました。特に「ありがとう」「助かったよ」は、もう少しで僕の言葉になりそうです。これからも何度でも同じ内容の勉強をしてみたいです。ありがとうございました。

◇職場で嫌な事があり、自分の感情は…と考えていました。不安、いかり、悲しみ、かなぁ… 自分を勇気づけようと思い、参加しました。楽しく勉強させていいただきました。ありがとうございました。

◇怒る事は悪い事だとずっと思っていましたが、怒っているという感情に、意識して気づく事で冷静になれる事がわかりました。ありがとうございました。

◇勇気づけというお話でしたが、いかに自分が周りの人達に勇気くじきをしていたかという恐ろしい現実を知ることができました。次回の話を聴く、も自分が苦手にしている事かな?と思っておりますので、勉強して実生活に役立てたいなと思いました。



5月のミニ講座は、第1シリーズのA「話を聴く」


 5月のミニ講座は、第1シリーズのA「話を聴く」でした。当日は暑いくらいの良いお天気で、加茂はお祭りという中、参加して下さったのはスタッフを含め11名。中には、長野県から加茂のご実家に里帰りされて、お友達と一緒に来て下さったという方もいらっしゃいました。
 第1シリーズでは「勇気づけ」という大きな流れに沿って、様々な技法について学びますが、『話を聴く』ことが、勇気づけにどのように結びつくのか、どのように聴いたら良いのか…。「最後までせかさずに聴く」、「子どもの方を向いて聴く」、「あいづちをうって聴く」等々、具体的な方法についてロールプレイを交えてお話しました。 講座後のシェアリングで、「話を聴く」を2回、3回と聴かれた方の中に、話を聴こうと思ってもなかなか実行できないとおっしゃる方がいましたが、その言葉から、ご家庭や職場などで一生懸命「話を聴く」を実践されようとしておられることが伝わってきて、ありがたいなぁと思いました。
 また、先月の「勇気づけ」の講座の後、実際に事例を出していただいてみんなで考えたのですが、感想にもあるように、その事例のその後が聴きたい、という方がいらっしゃいました。その事例を出されたご本人も今回参加しておられ、先月提案されたことを実践された様子など、その後についてお話して下さいましたが、自分の話に関心を持って聴いてくれたのがうれしい、とおっしゃったのが印象的でした。
『関心を持って話を聴く』とはこういうことかと実感し、「話を聴く」ことの大切さ、その力を目の当たりにした思いでした。



<参加された方の感想を、いくつかご紹介します>

◇2回目、参加させていただきました。話を耳と目と心で聴く、大切な人を勇気づける、尊重する、そんなふうにできたらどんなに幸せだろう、それには、自分をみる力も大切なのだろう。個性的な家族ひとりひとりを、それぞれに大切にしたい。参加させていただいたことで、思いをめぐらせて、元気と勇気が出ました。ありがとうございました。

◇「話を聴く」、3回目でしたが、新たな気付きもありました。相手を信頼する、尊敬する。この事をいつも考えて、話を聴く自分でいられる様に、意識していきたいです。今回は事例がありませんでしたが、先月の話の続きや、いろいろな話が聴けて、有意義な時間でした。ありがとうございました。

◇「話を聴く」というテーマで、日々の自分の話の聴き方を思い返しながら、講座を聴かせていただきました。あらためて、関心を持って聴くことの難しさに気付かされました。自分に話をしてくれる人を勇気づけることができるように、聴いていきたいです。

◇・話しかけやすい仲間でいよう・話しやすい聴き手でいよう 私にはそんな気持ちが一切なかったことに気付きました。「話しかけないでくれ〜〜〜」と、避ける態度をとってばかりだったなと反省しました。これからは、「話しかけてくれた!チャンス!!」と思って、面白がって話を聴こうと思います。

◇本日はありがとうございました。先生からお聞きした、出会う人達すべてに関心をもち、勇気づけをできるような練習を少しずつやっていきたいと思います。 ◇「子供の話を聴く」。子供の話をたくさん聴きたいのに、子供達は話をあまりしてくれない。それは、男の子だから、もう大きくなったからだから…と思っていました。今日の話を聴いていて、私が少し変わったら、話したい人に変わったら、話を聴けるかもしれません。ありがとうございました。

◇本日は有難うございました。家庭で私が一番出来ていないと思われる(自分では思っていなかったが、妻に散々言われている)お題目なので、楽しみにしておりました。ショックな程、本当に話が聴けていないことが判りました。聞くでなく、聴くなんだという事が…。実践してみようと思っております。

◇話を聴くことが苦手なので、今回のテーマはとても興味がありました。聴くことの技法も大切ですが、それを実践するための心がまえが必要だと分かったので、「関心を持つ」「勇気づけをするぞ」という土台を持って取り組んでいきたいと思いました。